小学2年生のI・Aくん、 身長は139cm弱で身体の成長はやや早熟傾向・・・

2018年03月14日

アローズジム磐田に通うI・Aくんが、アローズラボ浜松でスポーツドックを受診されました。

突然ですが、アローズラボ(スポーツ科学研究所)のスポーツドックを、Q&A形式でご説明させていただきます。

************************************************************************************

Q1.スポーツドックは何をするところなの?

A1.スポーツ科学の視点から「筋⼒・パワー・持久⼒」など運動能⼒に関わるあらゆる項目を「測定・分析・評価」するところです。

 

Q2.スポーツドックを受けるとどうなるの?

A2.スポーツドックにおいてお子様の運動の力を「測定・分析・評価」し、競技⼒や運動能⼒アップのための適切かつ効果的なトレーニングプランの設計につなげます。

 

Q3.小学生の僕(私)はどんな測定を受けるの?

A3.小学生メニューは以下の通りです。
おおよその測定時間は80分ほどです。その内容は、
・身体組成
・骨年齢
・スプリント
・膝伸展筋⼒
・レッグパワー
・連続ジャンプ測定
・⽴ち幅跳び
・ステッピング測定
・全身持久⼒

詳細は、アローズラボHP でご覧ください。

************************************************************************************

上記の測定メニューを実際に受けられたI・Aくんについて、スポーツ科学の力で何が解明されたことは、

・すべての能力が同年代の平均以上の能力であること。
・小学2年生のI・Aくんの身長は139cmあるが骨年齢は「6ヶ月ほどの”早熟”」くらいで、今後大きくなる可能性がある(ご両親とも背が高い)。
・筋肉量が少ない。
・パワーが少し低い(パワーの出し方が理解できていない)。

上記内容から会員様へのアドバイスとして、
・筋量を増やすためにシザースジャンプを指導。
・パワーの向上のために垂直跳びを指導。
・ばねをさらに伸ばすようにスキップでのダッシュを指導。
など。


スポーツドックにおける測定風景はご両親も同席し、応援していただけます。

I・Aくんの測定に実際に立ち会ったご両親からは、

「早熟だ、早熟だと思っていましたが、具体的なデータでみると思っていたほど早熟ではないのですね」

と驚きと、少し安ど感も抱かれているようでした。

 

その他、

・パワーに関しては出すための能力は持っているが、まだ小学2年生なので身体の動かし方を理解できていないと考えられ、動かし方を覚えればすぐパフォーマンスに繋がると予測される。

などの回答が研究員からは得られています。

 

小学生以上の皆さんであれば、スポーツドックはどなたでも受けていただけます。

会員様以外の皆さんでもお気軽にお問い合わせください。

アローズラボ

お問い合わせ先:053-411-1008

ページトップ
無料体験のお申し込み無料体験のお申し込み