小学3年生のH・Sくん、 ジムトレーニング+自主トレーニングで能力アップ!

2018年02月11日

アローズジム サンストリート浜北に通う、小学3年生のH・Sくんのトレーニング習慣をご紹介します。

 

日頃のジムトレーニングと測定の結果から、小学3年生の年代の中でも運動能力の高いH・Sくん。

週1回のアローズジムトレーニング以外にも、日課として早朝にお母様・お兄様と自主トレーニングを行っていることを伺いました。

自主トレのメニューには片足で行う”ケンケン”を含んでおり、その成果として測定結果では脚のバネの強さを評価されました。

ただし測定結果からはバネの強さという良い部分と、左右差が生じている悪い部分も見つかっており指摘を受けています。

そのため早朝の自主トレでは左脚でのケンケンをやや多めに行うようアドバイスさせていただいております。

H・Sくんのように能力向上に前向きな会員様にはさらなる課題克服のため、”縄跳び二重跳び”や”高速スキップ”を自主トレメニューに追加するようアドバイスもさせていただいてます。

 

競技スポーツとしては、陸上の長距離走をメインで行っていきたいいうH・Sくん。

低酸素トレーニングにおいては、持久力の面ではなんら問題ないのですが、脚力がその持久力に見合っておらず、今後の自主トレがカギを握ってきます。

目的意識と、強化ポイントが明確なため、ジム内トレーニングにおいても確実にターゲットを絞って、能力向上につなげていきたいと思っております。

 

今後のジムトレーニング+自主トレーニングをさらに効率よく進めていきましょう。

ページトップ
無料体験のお申し込み無料体験のお申し込み