スポーツドック

マラソンランナーのためのスポーツドック

マラソンランナーのためのスポーツドック

マラソンランナーのためのスポーツドック

ランナーがトレーニングを行う上で、まず行わなければならないことは自己評価。アローズラボでは、酸素摂取量や乳酸といった『生理学的指標』のみならず、3次元動作解析・筋電図や地面反力といった「バイオメカニクス的指標」の測定も可能です。加えて、ランナーのための筋力測定、赤外線を用いてのジャンプ能力の測定もできます。

これらはすべて、今注目されている「ランニングエコノミー」を高めるためのトレーニングプログラムを考える上で、とても必要な情報であり、アローズラボではその重要な要素・情報を得るための最適な環境と設備がすべて整っています。

サブ3(サブスリー)で走れ!

フルマラソンで3時間を切るタイムで走るサブスリーは、トップクラスの市民ランナーとして認められるためのひとつの基準であると言えます。

自己流のトレーニングだけではなかなか突破することが難しいと言われるサブスリーの壁を打ち破り、あらゆる大会で優秀な成績を収めるために、アローズラボがランナーの皆さんに提供するスポーツ測定・分析・カウンセリングのプログラムが『マラソンランナーのためのスポーツドック』です。

ランニングフォーム測定
全身持久力測定

診断の目的

マラソンタイムは、今までの長距離走に関する研究から、最大酸素摂取量速度を決定する「最大酸素摂取量」「ランニングエコノミー」、それに「無酸素性作業閾値」を加えた3つの要素でパフォーマンスの約70%の説明がつくことが判明しています。

この3つの要素に加え、身体の形態・筋力・ランニングフォームの今を知ることができれば、完走時間の予測タイム改善に向けた課題が明らかになります。これこそが『マラソンランナーのためのスポーツドック』の目的です。

測定内容のご紹介

形態測定

1.形態測定

体組成計を使用して、身体の中の骨格筋量と脂肪量を測定し体脂肪率も評価します。体重や骨格筋量、体脂肪量のバランスが現在どうなっているのかを測定します。

形態分析

形態測定の中で行う身体組成の測定では、身体の筋肉量や脂肪量などが評価できるだけでなく、体内のタンパク質やミネラルの量も評価することができます。定期的に測定することで前回値との比較もできます。測定結果をもとに体型をチェックし、今後の運動処方や食事指導もご提案させて頂きます。


全身持久力測定

2.全身持久力測定

全身運動を長く続けられる能力が全身持久力(スタミナ)です。測定ではマスクを装着し、呼気(吐いた息)から全身持久力の指標となる最大酸素摂取量や換気性作業閾値・ランニングエコノミーを測定します。

全身持久力分析

運動中の吐いた息を分析することで、全身持久力に必要な最大酸素摂取量や換気性作業閾値、ランニングエコノミーを評価します。これらを評価することで、自身の持久力を理解することができ、評価結果から今後のトレーニングメニューやトレーニングペースなどのご提案をさせて頂きます。


筋力測定

3.筋力測定

股関節の筋力が重要となる要素です。測定を行うことでトレーニング効果や左右の筋力のバランスを評価することができ、筋力の左右差はランニングエコノミーに影響する要因となります。

筋力分析

筋力測定を行うことで、筋力の強い・弱いがわかるだけでなく、左右差などのバランスも評価することができます。筋力やバランスの低下は競技力に関わるだけでなく、ケガにも関わる要素です。アローズラボでは、測定結果をもとに競技力向上やケガの予防の観点からトレーニングメニューのご提案もさせて頂きます。


ランニングフォーム測定

4.ランニングフォーム測定

モーションキャプチャーで取得したデータからランニングフォームを3次元で動作解析します。また走行中の地面反力も測定することができ効率よくキック動作ができているか評価します。

ランニングフォーム分析

ランニングフォーム分析では、身体にマーカーを付けさせて頂き、そのマーカーをもとにモーションキャプチャーを作成し、三次元での動作解析を行います。三次元でのランニングフォーム測定となりますので、ランニングフォームの細かい動きまで見ることができます。その測定結果をもとにトレーニングメニューなどのご提案もさせて頂きます。


筋電図測定

5.筋電図測定オプション

人は筋肉を収縮させることで関節を動かし運動を行っています。筋肉が収縮する時に生じる活動電位を測定することでランニング中に筋肉がどのタイミングでどの程度活動しているか分かります。

筋電図分析

ランニングフォーム測定に筋電図測定を加えることで、動きの評価だけでなく、どの筋肉がどのタイミングでどれくらいの力を発揮していたのかがわかり、より細かくランニングフォームを評価することができます。その測定結果をもとにランニング中に疲労しやすい筋のケアやトレーニング方法もご提案させて頂きます。


血中乳酸濃度測定

6.血中乳酸濃度測定オプション

走っている時の血液中の乳酸濃度を測定することにより、有酸素運動から無酸素運動に変わり始める速度(乳酸性作業閾値:LT)を知ることができます。このLT速度がフルマラソンを走る時のレースペースの基準になります。自身に合ったレースペースを知ることは、自己ベストを更新するためにも重要となります。

血中乳酸濃度分析

専用の測定器を使って血液中の乳酸量を測定します。
測定から得られた結果から、どれくらいの運動強度の時に乳酸の蓄積が開始されるのかがわかります。マラソンでは、この乳酸が蓄積され始める強度を基準にランニングペースが決まってきます。また、トレーニングでのペースの指標としても活用できますので、より効果的なトレーニングをご提案できます。

マラソン大会

測定までの流れ

1.ご予約(お電話)
スポーツドックは全て予約制で承っております。ご予約なしではご利用いただけませんので、ご了承下さい。
測定希望の方は、お電話でご氏名、ご希望日、時間帯をお伝え下さい。
直近でご利用いただける時間を調整してご予約を承ります。
グループでお申し込みの場合は、代表者の方がお申し込み下さい。

053-411-1008
平日 9:00〜21:00 土日祝 9:00〜18:00
2.ご来店
ご予約当日は、室内用運動シューズ、飲み物、タオル、着替えをご準備の上、
予約時間の15分程前にはお越し下さい。
3.測定開始
測定の所用時間は約120分となります。
4.コンサルティング
測定結果をもとに分析を行います。
約1週間の分析期間を経たのち、最適化トレーニングメニューをご提案します。

料金について

測定料
20,000円(税別)

まずは無料カウンセリング

  1. スポーツドック

  2. FOR RUNNER

    マラソンランナーのためのスポーツドック

  3. FOR ALPINIST

    アルピニストのためのスポーツドック

  4. FOR ATHLETE

    アスリートのためのスポーツドック

PAGE TOP