スポーツ才能開発室 - Arrows GYM -

10年後、メダリストを目指します宣言!

アスリートには、優れた精神力(Mental)や視覚能力(Vision)とそれを活かす身体能力(Physical)が求められます。この3要素(MVP)と「走り」を科学的に鍛えるスプリント&ランニングの組み合わせにより、スポーツ医科学研究に基づいた最先端のトレーニングを可能にしました。徹底的に精査されたプログラム、最新鋭のトレーニング機器、各界を代表する研究者・科学者・医師・トレーナーによるサポート体制は、10年後のメダリストを目指す子供たちの夢を支え、同時に運動が得意でない子供たちにも身体を動かすことの喜びをもたらします。

MVP+Rトレーニング

Mental

Mental

スポーツは身体能力だけの勝負ではありません。調子が悪い時、敗北が頭をよぎった時、周りのプレッシャーを感じた時など、状況が良くない時もあります。また、自分の能力を過信してミスをしたり、ミスに苛立ちを感じたり、試合に集中できないなんて事もあります。どんなに高い能力を持っていても、そんな時は実力を100%出しきることは難しいです。どうコントロールして競技に集中するか?それを鍛えるのがメンタルトレーニングです。

Vision

Vision

スポーツは眼から得られる情報によって状況を判断し、それに対応して身体を動かしています。つまり「眼力(めぢから)」の差が勝敗を決めるのです。スポーツビジョンは、その一瞬の状況判断を支える「戦う眼」を作るためのトレーニングで、「動体視力」・「眼球運動」・「周辺視野」・「瞬間視」・「眼と手の協応動作」の5つの視機能の測定を行い、一人ひとりの能力に合わせたメニューを作成し、バランスよく鍛え上げます。

Physical

Physical

走るのが早い、高く跳べる、力が強いなど基本的な運動能力が高いと、スポーツをする上では格段の差が出ます。もちろん、スポーツの上達には技術練習が必要不可欠ですが、基礎的な運動能力が低いとプレーは上手いが続かない、プレーは上手いがパワーがないなど、伸び悩んでしまうことがあります。スポーツ動作の土台となる基礎的な運動能力を鍛えて、レベルアップした「戦う身体」を作り上げます。

Run

Run

走ることはスポーツにおいて最も基本的な動作です。短距離走と長距離走では速く走るために必要な能力が全く違います。短距離走では筋肉のバネの能力と、個人に合ったピッチ(歩数)とストライド(歩幅)で走ることが重要です。長距離走は身体の中にたくさんの酸素を取り込む能力と、効率よく走るスピードの目安を知ることで、少ないエネルギーでより速く、より長く走る能力を伸ばすことができます。

認定施設「スポーツ才能開発室 アローズジム」

Run
苦手を好きに、好きを得意に、得意を世界に。

アローズジムは、子供のためのスポーツ塾です。子供の時期の成長する力を利用し適切なトレーニングを行うことで、子供たちの潜在的な能力を引き出すことを目的としています。苦手も好きになるように、好きなことは得意になるように、子供たちの「未来の自分」への努力を、トレーナーや研究者・医師たちがサポートします。

>>Arrows GYM