Warning: Declaration of wp_bootstrap_navwalker::start_lvl(&$output, $depth) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_lvl(&$output, $depth = 0, $args = Array) in /home/ajk/ajk.jp/public_html/recruit/wp-content/themes/agent_tcd033/includes/bootstrap-wp-navwalker.php on line 0
中塚 英弥(2011年入社/サイエンス事業部 主任) | アローズジム&アローズラボ 求人情報|新卒採用・中途採用/就職・転職大歓迎(浜松・浜北・磐田)

献身性をもってスポーツを科学する

HIDEYA NAKATSUKA

サイエンス事業部 主任
2011年入社
中塚 英弥

経歴について

大阪府立池田高校を卒業後、アスレティックトレーナー養成のための専門学校を経て、鹿屋体育大学体育学部・スポーツ総合過程に編入しました。

大学時代は体育に関する全般を学びましたが、そこでスポーツ科学に本格的に触れ、この領域を勉強することが面白くなってきたことが今の仕事に繋がっています。

大学を卒業後、大学院でさらにスポーツ科学を専門的に学びました。大学院時代の仲間に浜松出身者がいたため、その仲間を通じてアローズの存在は聞いていました。

当時、本格的にスポーツ科学の仕事ができる環境というのは限られていましたし、そんな時代に本格的なスポーツ科学に取り組んでいるアローズという存在は面白い選択肢だと思い、門を叩きました。なお、いまでも大学院には博士過程に在籍しています。

仕事について

サイエンス事業部では、アローズ会員の子供たちやアスリートたちの運動能力測定・分析を行なっています。

私たちが行なっている運動能力の測定・分析は、人間ドックのスポーツ版と評されていることから、アローズでは「スポーツドック」と名付けています。測定と分析だけではなく、分析データを研究したり、研究結果を発表することも私たちの部署の仕事です。

私個人としては、サイエンス事業部の主任という立場のもとで他のメンバーの業務をマネジメントしたり、測定内容を考えたり、ジムのトレーニング内容を考えたりもしています。

また、スポーツ科学の研究者として年1回は学会に参加しています。これまでは国内で開かれている学会を中心に参加していましたが、来年からは海外で開かれる学会にもチャレンジしてみたいと思います。

会社はこのようなチャレンジを容認、応援してくれていますし、私のような研究職にとってはありがたい環境だと思っています。

"データを触っていると、すべてが繋がって見えるようになる瞬間があるんです。"

仕事への思い

1日中データと向かい合う仕事にはなりますが、もともとデータをいじるのは好きだったので仕事は楽しくやっています。

データを触っていると、すべてが繋がって見えるようになる瞬間があるんです。一人ひとりの長所も短所も、課題も改善ポイントも見えてきます。無機質なはずのデータから子供たちの姿が見えてくるので面白いですね。

データ分析するだけであれば「スポーツ経験は必要ない」と思われるかと思いますが、イメージを持つためにもスポーツ経験は重要だと思っています。

さらに言えば、「子供たちを運動好きにしたい」「選手を育てたい」「チームを強くしたい」といった献身性がないと、地味で大変な仕事に感じてしまうかもしれません。

私も月に1〜2回はトレーナーたちと共にジムの現場に立つことで、サイエンス事業部が開発しているトレーニングメニューが正しい形で行われているのか、また子供たちが生き生きと運動を楽しんでいるかをチェックするようにしています。

社内の雰囲気

アローズでは、部署を横断して協力しあえる体制があることも強みだと思いますね。

たとえば、プロチームのスポーツ科学サポート業務として、プロチームの練習施設まで出張してスポーツドックを行うことがあります。

プロチームともなると、選手たちを現場に拘束できる時間が限られてきますので、責任者である私の現場マネジメントが重要になってきます。

時には、私たちサイエンス事業部のメンバーだけではなく、測定を円滑にすすめるためにスポーツ事業部のメンバーにも手を貸してもらうこともあるのですが、みんなが積極的にサポートしてくれるのでとても助かっています。

HIDEYA NAKATSUKA

夢・目標について

いまの目標は、2020年の東京オリンピックでサポートすることです。代表選手や強化指定レベルの選手に対してスポーツ科学の力でサポートすることができればと思っています。

目標までの道のりはまだまだ遠いと思っていますが、それでもチャンスが高まっている気がします。目標を叶えるための種は蒔いていますし、正式なオファーがくれば期待に応えるだけの準備はできている自負はあります。

さらに先の夢ですが、アローズ会員から実際にオリンピック代表選手やメダリストを輩出できるようにしていきたいです。

アローズの科学トレーニングこそメダリストへの登竜門と呼ばれるためには、私が所属しているサイエンス事業部とアローズスポーツ科学研究所をもっとブランド化して、スポーツをする人であれば誰もが知っている存在にしていかなければと考えています。

求職者にひとこと

同年代が少ないので、会社内のジェネレーションギャップを埋めるためにも新卒者はもちろん既卒者の方も積極的にアローズの門をぜひ叩いてもらいたいです(笑)

また、アローズには社員寮があるので、遠方からアローズを目指す求職者のみなさんにも安心してもらいたいですね。

私は入社してからアローズの社員寮に入寮しました。知らない街での暮らしは最初は大変でしたが、寮生のみんなと仲良かったので、それはとても楽しかったですね。寮生みんなで出かけたり、月に1度はピザパーティーを開催したり・・寮生活はとても良い思い出になっています。



求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2017 アローズジム&アローズラボ 求人情報|新卒採用・中途採用/就職・転職大歓迎(浜松・浜北・磐田)